不断水は通常の生活では聞きなれない言葉ですが、その名の通り断水を行わないということを指しています。

昔の水道工事は、水道を止めて排水してから分岐管の設置や新たなバルブの増設を行っていたため、断水時に水道管に付着していた赤錆などが剥離して水が汚れてしまうことがありました。そのため水道管を分岐したあとに配管内の清掃が必要でした。また、水道工事現場の近くにバルブがない場合には広範囲で断水が起こっていました。水は生活する上で欠かせないものであり、また工場などにおける業務内でも冷却などに水が使われていることは珍しくありません。

工場などがある地域で断水が行われた場合、その日の作業が遅れてしまうことがあります。そこで現在では、過去に設置された水道管を分岐させて工事を行うことで断水させずに水道工事を行う不断水工法と呼ばれる方法が主流となっています。水道を止めずに配管の増設や撤去を行うことができ、古くなった水道管の交換することができます。水の流れを止めることがないので、赤錆が剥離する心配もありません。

また、広範囲の断水が起こることもないので、工事現場の周辺住民に対策も不要となります。現在使用されている水道管は古くなってきており、不断水で計画的に水道管の交換が行えるこの工法は社会にとってもとても重要な役目を果たしています。私たちの性格に必要不可欠な水を安心して利用できるようにしてくれている画期的な方法なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *