水漏れや水道管の破損等は、放っておくと水道代がかさんでしまったり、漏れ出た水が建物の建材や基礎などの部分に達し、劣化や腐食を招くことで家全体に深刻なダメージを与えてしまうこともあるため、早めに修理をする必要があります。

しかし、水道工事をする際には従来は水道を止める必要があったため、生活に不便をきたしたり、店舗などの場合は営業に影響が出てしまうこともありました。そうした問題を解決するために、水道を止めずに水道管工事が出来るように開発されたのが不断水工法です。

一時的な分岐管を使用して水源を確保したり、特殊な工具を用いて工事を行う部分の水だけをせき止めたりすることで水道を止めずに工事を行える不断水工法なら普段通りに水を使いながら工事を行うことができるため、工事に踏み切る歳の決断のハードルを下げることができます。トラブルの際の工事以外にも、蛇口の増設や水道管の分岐等の工事にも不断水工法が利用できるため、水回りの環境をより便利にすることができたり、店舗などの場合はより効率的に作業が出来るように改修を行ったりできるようになるなど、水道環境の発展にも寄与する工法です。

より便利で手軽に水道工事を行うことができるようになる不断水工法は、トラブルの解決を迅速に行うことができるようになったり、より便利に水道を利用することができるようになったりすることから、今後もそのシェアを拡大していくことが予想されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *