不断水で水道管の工事を行う技術が考案される前は現場の周りの地域で断水が発生するので、給水車を手配したり近所の住民に告知する必要がありました。

水道工事を不断水の状態で行うテクノロジーは、1957年に開発されたのです。配管の中の水流を止めないで作業を進める工事方法は、分岐工法とも言います。今では下水道の工事にも、応用されているのです。その上に分岐工法だけではなく凍結工法と言う、新しい工事方法も開発されています。色々な配管工事に凍結工法と分岐工法を活用していますが、それぞれ違った特徴があるのです。

分岐工法は割T字管と言う分割することが出来るT字管を、既に取り付けられている配管に装着します。更に穿孔機と仕切弁を取り付けるのですが、穿孔機の方にはドリルがあり仕切弁を開いてから穴を既に取り付けられている配管に開けるのです。穴を既設管に開けるときに発生する配管の屑は、外に水圧で押し出されて穿孔機の中に取り込まれます。その作業が済んだら、仕切弁を閉めてバルブや分岐管を取り付ける訳です。

凍結工法は水道工事を施工する部分の側を液体窒素などを使って凍えあせて、部分的に水流を止めます。この凍結工法はバルブを取り付ける代わりに凍らせた部分を利用する新たな工事方法です。部分的に水の流れは止まりますが全体としては不断水の状態で水道工事を進めることが出来ます。バルブが取り付けられていない箇所でも、作業を行うことが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *