一昔前までは、水道管の工事には断水が付きものでした。

この日時のこの時間帯は水道が使えません、といったようなお知らせのチラシを見たことがある方も多いかと思います。しかし現在の水道管工事の主流は、水を供給したまま行う不断水のものがほとんどです。不断水による水道管工事は、断水がもたらす経済的な損失や、断水該当区域の住民の生活不便の負担を軽減するために採用されています。企業や飲食店などは特に断水による損失を受けやすい傾向にあったため、これらの技術発達は喜ばしいことといえます。

具体的に不断水での工事の方法は、「分岐工法」と「インサーテイング工法」の2種類が採用されることが多いです。「分岐工法」は既設菅から別の水の通り道を確保して、給水を行ったままの状態で工事ができる方法です。「インサーティング工法」は既設菅の切断部分に仕切弁やプラグを挿入することで、給水を確保したまま工事を行うことが可能な方法です。

この他にも、新設する管内を液体窒素などの低温媒体で凍結させて栓として利用する方法などもあり、細分化すると実に多様な方法で水道管工事が行われています。いずれもドリルなどの器具を工夫して使用することで、管内のサビや切りくずなどの破片は管外に排出されるため、水に混入してしまう可能性はほとんどありません。不断水による工事は地域の経済効果に影響しないだけではなく、工事の作業工程を短縮する効果もあるため、工期を短くできるというメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *