以前は水道工事といえば、断水がつきものでした。

分岐管を取り出すためには、水を止めなければなりませんでした。それも分岐管を取り出す箇所の近くに既設のバルブがない場合は、広範囲に及んで断水をしなければならず、その影響は多くの人々に不自由な生活を強いることになっていたのです。生活水準が向上した現代では、大規模に断水をすることは困難になりました。こうした時代の中、断水することなく工事ができる工法が考えられたのです。

これが不断水工事で、水道管を止めることなく既設本管から分岐管を分岐・接続でき、今の水道工事ではなくてはならない重要な技術なのです。不断水工事の開発により、いつでも蛇口をひねれば水が出てくる快適な生活が途絶えることがなくなりました。また、断水の広報を地域住民に知らせる手間もなくなり、水道工事に伴う諸々作業も減ったため、工事側もその分作業も楽になったといえます。作業が減ればコストの削減に繋がりますから、水を利用する側も水道料金の値上がりを心配する必要もないでしょう。

水道工事には不断水分岐工法と不断水インサート工法があります。分岐工法は、特殊な形状のT字管と専用穿孔機を使用して既設本管から穿孔分岐する方法で、断水して本管を切断したりT字管の挿入接合する手間を省くことができます。インサート工法は、通水したままの水道管路に不断水でバルブなどを挿入する工法です。この工法は管の外周から厚さ分のみを切断するため、管内の水に濁りが生じることもないうえに、切り屑が管の中に入り込む心配もありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *