突然ですが、あなたは「不断水」という言葉についてご存知でしょうか。

日常生活において、あまり聞いたことがない言葉かもしれません。普段、私たちは生活のなかで水を必ず使用しています。もっと具体的に言うと、水道局から家庭に送水されているものを使用しています。水は私たちが快適に日々の生活を送る上で絶対に欠かすことができないものです。その大切な水の配給が止まってしまうと、大変なことになります。この状態を「断水」と呼ぶわけですが、「不断水」という言葉は断水していない状態を意味しています。

私たちの生活において、断水していない状態が当たり前なのですが、「不断水」という言葉は一体いつ使うのか皆さん気になるところだと思います。現在、水道管の工事を行う際には「不断水工法」と呼ばれる工法が使われます。水道管の工事をしなければならなくなったとき、いちいち断水してしまっては色々と大変です。地域の家庭からすれば、一定時間水が使えなくなってしまうのは非常に困った事態です。

その地域の家庭からのクレームなどにつながってしまう可能性もあります。そのため、水を止めることなく工事する必要性があります。不断水工事によって水道管の増設や交換などを、計画的に行うことが可能となります。デメリットも決してないというわけではありませんが、水を止めることなく工事することで多くの問題点を解消することができます。この工法が、現代では一般的なものとなりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *