水道管は様々な原因で工事が必要になることがあります。

昭和初期に整えられたインフラは既に経年劣化による破損が進行している状況で、地下に埋設された水道管が頻繁に水漏れを起こしていることが報じられているなど、社会的にも関心が集まっています。建物内の水道管も、長年の仕様により交換が必要となっている部分は少なくありません。それらの工事を行う場合に、既存の水道管内の水流をストップさせて配管をやり直すということは現実的には難しいものがあります。

水道は電気と同様「欠けてしまうと生活に著しい困難をきたす」種類の極めて重要なインフラとなっています。そのために、できるだけ水流をストップさせずに工事を完了させる方法を探っていかなければなりません。そこで結論として導かれるのが不断水工事となります。不断水工事は、日常生活に支障をきたす断水が発生しない工事方法で、多くの水道管工事現場で採用されている方法です。

また、断水を終了すると同時にバルブを開くと剥がれ落ちてくる赤錆も生じませんので、衛生面で特に優れている方法となります。工事の費用は現場の状況や水道管の直径によって異なりますが、断水での補償費用や周知にかかる手間などを考慮すると不断水工事を採用したほうが工期からもコストの観点からも有利になると判断できます。水道工事業者によって様々な特徴のある不断水工事が研究開発されていますので、よりよい工法を見つけるという観点から、情報サイトのチェックをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *