不断水は水道管工事で用いられる言葉で、断水をしないことを意味します。

不断水工法や不断水分岐工法という使われ方をします。これは断水をせずに水道管工事ができる方法で、近年ではこの工法が一般的に普及しています。最近になって断水のお知らせがなくなったのも、密かにこの工法が行われているためです。かつて行われてきた水道管工事は、断水が基本的でしたので、影響を与えてしまう地域の住民には事前に伝えておく必要がありました。

断水時の水の供給ができる給水車を手配することも必要な業務でした。さらに、工事完了後も水道管内を掃除する必要があったため、とても時間がかかります。その点、不断水工法では各家庭に配給されている水を止めずに済みます。工事後に行われる水道管内の掃除もいりません。地域住民の中には、いつ水道管工事が行われているかがわからないという人もいます。この不断水工法は、水道管の外側の汚れを取ることから作業が始まります。そして、きれいにした水道管に漏れがないことを確認します。

次に、水道管を覆うようにヤノT字管を取り付け、水の流れを左右する仕切り弁も取り付けます。続いて穿孔機も取り付け、穿孔機のカッターをゆっくり丁寧に進め、水道管に穴を開けます。穴が開いたのを確認したら、カッターをゆっくり戻し、仕切り弁を閉じます。そして穿孔機を取り外すと完了です。その後は分岐側の配管をして終了となります。工事期間も短くなりますし、工事後に水道の蛇口をひねっても汚れた水ではないので、メリットの多い工法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *