既に設置されている水道管を、断水をしないで分岐工事を行うことを不断水工法と呼びます。

昔に行われていた水道工事は、水道を止めて排水後に工事を行うため断水時に水が汚れてしまう場合がありました。そのため現在では水道や下水道の配管工事は、管内の水の流れを止めずに行う不断水工法が一般的に行われるようになりました。商業施設や工場などで断水を行うことによる経済的損失を防ぎ、また近隣住民からのクレームも防ぐ工事方法です。

不断水工法には分岐工法と凍結工法の2種類があります。分岐工法は割T字管と仕切弁・穿孔機を使い機械的に穴を開ける工事方法で、凍結工法は液体窒素で作業箇所の両端を凍結させて行います。分岐工法でドリルで穴を開ける時に出る金属片は、水圧で押し出して穿孔機内に取り込まれるので配管内が汚れることはありません。どちらの工事方法も古いバルブを動かさずに作業が行えるので、古いバルブに付着した赤錆が剥離して水が赤く濁ることを防ぐことが可能です。そのため配管内の掃除などの作業を省略することができます。

昔の工事方法と比べて、分岐・凍結工法どちらを採用しても工事にかかる時間は短縮されます。工事期間の短縮による人件費などのコストの削減に加え、清掃作業などの付帯作業も省略できるので様々な配管工事で広く採用されています。不断水工法は断水を行わずに作業が出来るので近隣住民が安全に水道を利用でき、更に経済効率の点からもメリットのある工事方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です