不断水工法とは現在の断水しないで工事を行う方法のことを指します。

ひと昔前は水道管から枝管を取り出す際には断水して工事を施工するのが一般的でした。さらに断水時には枝管を取り出す場所の近辺に既設されたパルプがないと断水は周囲に大きな影響を与えてしまいました。ですが現在は生活水準が工場したので工事の為にイチイチ断水をするのが難しくなったので、新に断水をしない工事の方法を編み出したのです。そんな不断水工法の最大のメリットは分岐設置やパルプ設置をすることで水道管の断水をしなくて済む点です。

さらに断水して工事をしなくてもいいので断水による周辺地域への事前報告、水抜き、水張や空調機の停止、工事後の管内掃除といった様々な手間を省略することが可能です。だから工事時間を大幅に短縮することが出来ますし、工事範囲の拡大にも繋がり建築会社のコストダウンが成功しました。あと今使用している水道管は50年以上前に作られたモノなので老朽化が問題になっています。そして不断水工法なら計画的に効率よく工事をすることが可能になるので、水道の安全性を高めてくれるのがメリットと言えます。

次いでデメリットについて紹介すると工事中も水道はそのまま使える状態なので、万が一工事している時に水道管に異物が入ってしまったら、そのまま水道管に流れてしまいます。だから水質や安全性に問題が出てしまうリスクがあるのが不断水工法の一番のデメリットです。不断水工法はとても効率がいい施工方法と言えますが、断水していた事と比較すると万が一の時のデメリットが大きいのが問題です。だから工事を行う際には事前に工具の点検をしっかりとして、熟練の作業者が工事をするなど安全性に務めることが重要と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です