昨今、断水を行わずに水道管工事が実施可能な技術が開発され、それが普及しています。

不断水工法と言われるこの方法は、市民生活などに不便さを与えずに実施できる工事方法として注目されているのです。不断水工法の一つに不断水分岐工法という方法があります。この工事方法は、断水を行わずにT字管と専用穿孔機を使用し、既設本管から穿孔分岐するという工法になります。この工法では断水を行って本管を切断したり、T字管を挿入して接合するといった手間がなく、住民に対する断水通知や完工後の洗浄排水などのような断水工事を行う上で発生してしまうプロセスが必要とされないため、工事や工期節減や期間の短縮を図ることができるのです。

こうした不断水分岐工法は本管にT字管を取り付けた後で、仕切弁と穿孔機を設置して弁を開区といった方法で行われます。そして、穿孔機で本管を穿孔してから弁を閉じた後、穿孔機を取り外して分岐配管を行って通水するという方法で工事が行われます。この方法であれば、断水を行う必要がないので工事に必要な手続きもシンプルですみ、工期も短期間ですむというメリットがあるのです。このように、不断水工法は作業プロセスがとてもシンプルで、断水して工事するよりもより簡単な方法で作業を行うことができるといったメリットや、住民周知等のプロセスが必要なく、よりシンプルに工事を行なうことができるといったメリットから昨今広く用いられている工法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です