不断水は水道管工事の工法の一つで、一般にはあまり知られていません。

水道管工事と言うとよくイメージされるのが断水です。水道管工事は当然ながら水道管を触る工事なので、断水は仕方ないことなのですが、その付近の住民にとっては一時的でも生活が不便になるものでした。また、工事をする側にも負担があります。断水のお知らせをしたり給水車を用意したりと準備が必要で、できるだけ断水の時間を短くするため急いで工事をする必要もありました。しかし、作業後は水道管内の清掃もあるため、その分の時間も取らなければなりませんでした。

断水後に住民が蛇口をひねると、汚れた水が出ることもしばしばありました。そこで、水を止めずに水道管工事ができる方法が開発されました。この工法を「不断水工法」、または「不断水分岐工法」と言います。今では主にこの不断水工法が行われています。不断水工法では断水しないため、付近の住民に知らせる必要がなくなります。もちろん給水車の手配も不要です。

大まかな作業の流れは、専用のバルブや割T字管、仕切り弁を取り付けて、さらに穿孔機を取り付けます。穿孔機で丁寧に穴を開けたら、穿孔機のカッターを戻して仕切り弁を閉じます。それから穿孔機を取り外して分岐配管の工事をして完了です。このようなやり方なので、水道管を流れる水を止めずに分岐工事ができます。作業後は清掃もいらないのでその分の時間を短くすることができ、住民が水を出した時もきれいな水が出ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です