不断水工法は、断水せずに水道管工事を行う工法のことをいいます。

不断水分岐工法と呼ばれることもあります。以前は、水道管工事を行う際には断水を行っていました。しかし、断水をして行う水道管工事は最善とはいえません。なぜなら、蛇口をひねっても水が使えず、地域住民は自主的に水を確保するという手間がかかるからです。仕方ないとはいえ、日常生活を不便にさせる工事でした。また、作業員は断水のお知らせをしなければなりませんし、給水車を手配する必要もあります。

作業員の手間もかかり、準備や工事そのものに時間がかかることもよくありました。これらの迷惑と手間を解消できる工法が不断水工法であり、近年では主にこの工法が使われています。不断水工法は、水道管内を流れる水を止める必要がないので、水道管工事をいつ行っているのか知らないという人もいるくらいです。不断水工法の大まかな手順は、最初に工事を行う水道管の部分をきれいにします。それからヤノT字管と仕切り弁を取り付けます。そこに専用の穿孔機を取り付けて、穿孔のカッターをゆっくりと前進させ、水道管に穴を開けます。

穴が開いたらまたゆっくりと穿孔機のカッターを戻し、仕切り弁を閉じます。穿孔機を取り外して分岐する配管の工事が完了したら、仕切り弁を開けて水を通します。一般的には専用工具を用いて工事が行われますが、超低温物質を用い、工事を行いたい箇所の両端を凍結させる方法もあります。これでは断水と同じように思えますが、部分的に水を止めるので大規模な断水にはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です