工事用不断水工法というのは水道管の工事をする際に採用が可能な工法のひとつですが、細かく見ればいくつかのバリエーションも存在しています。

一般的には水道管の工事にあたって、既存の水道管の通水を妨げず、工事用の止水弁を別に取り付けるなどして水流を分岐させる管を臨時に敷設するような手順をとります。そのため既存の水道管にドリルで穴を開けるなどの特殊な装置が必要となりますが、従来の工法と比較した場合には、不断水工法を使ったほうがトータルでみた場合のコストや手間を削減できる余地があるのが魅力です。

不断水工法はその名前からもあきらかなように工事をするエリアの住戸を断水させる必要がありません。一般に工事といえば断水が付き物となっていますが、その規模が大掛かりになればなるほど、断水で影響を受けるエリアが広くなりますので、工事をする以前に大口需要者に対して根回しをしたり、ポスティングなどで断水がある期間を周知したり、場合によっては代替手段として給水車を出動させたりという手間がかかりました。

また工事後にも管路の清掃をしなければなりませんでしたので、いろいろな手間とコストを考えれば断水はできるだけ避けたいのが施工者側の実情でした。不断水工法を使えばこれらが不要になりますので、その効果は測り知れないほど大きく、特に最近では市区町村などが発注する公共工事において採用される場合が多くなっており、将来的にも見込みのある工法といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です