不断水工法とは、その名称の通り既にある水道管に分岐管を接続し水を止めずに工事する方法です。

不断水工法は、分岐法と凍結法に分かれます。分岐工法は既存の水道管に仕切弁と分岐管を取り付け、その後水道管に穴を開けていきます。分岐管の配管を最後に行い、仕切り弁を開け通水すると工事が完了します。一方凍結工法は、液体窒素を使い作業箇所の両端を凍結させて作業を行っていくもので、デパートを主とした大型商業施設での工事で推奨されています。

不断水工法は断水をする必要がなく、家庭で使用する水や医療施設や企業の活動に支障をきたさないため、事前に告知する必要がありません。断水に備えて水の汲み置きや給水車を手配する必要もないので、断水によってもたらされる影響を根本的に解消できます。工事時間においても、断水する必要がないためその分工事時間が短くなります。

従来の工事方法では赤さびが発生してしまうため、工事終了後の管内掃除が必要でした。しかし、不断水工法は工事終了後の管内掃除の必要がないため、掃除にかかる時間と費用も大幅に節約できます。水道管工事は時間がかかり、都市部になるほど断水の影響は大きくなり給水車の手配や各家庭や企業への事前告知が必須でした。しかし、不断水工法は水を一切止める必要がないため、それらの問題点をすべて解決し、時間や費用も削減できるので都市部はもちろん、これからの社会全体にとって必要な工事方法といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です