これまでの水道工事は断水が伴うのが一般的でした。

ですから、住民に事前に注意喚起をする通達をする必要があり、住民は断水に備えて水を溜めたりしていました。しかし、生活をしている中ではやはり面倒ですので支障をきたすことでした。断水工事にはあと一つ問題がありました。それは工事が終わったあとに赤錆が出ることです。赤錆が出る理由は古いバルブを動かして水を止める際に周りに付着していた赤錆が剥離するからです。この赤錆の問題も断水をして工事をすることが原因です。

このように断水をして行う水道工事は問題点がありますが、それを解消する工事が不断水工事と言われるものです。不断水工事は水の流れを止めることなく作業ができますので、住民は事前にお水を溜める必要もありませんし、赤錆を心配する必要もありません。不断水工事には2つのやり方があります。一つは分岐工法であと一つは凍結工法です。分岐工法はT字菅と仕切弁を使いますが、穿孔機で穴を開ける工法です。

凍結工法は液体窒素で作業箇所の両端を凍結させるのですが、凍結部分がバブルの代わりとして機能することになります。どちらの工法にしましても、古いバルブを動かさずに作業できますので画期的な工法です。断水をする必要がないということは、住民にとってもとてもありがたいことですが、作業を行う側にとってもメリットがあります。それはこれまでよりも短い時間で配管工事を行えることですが、それは即ち人件費という経費を減らすことでもあります。これが理想の配管工事と言われるゆえんです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *