不断水工事は水道工事の際に断水をせずに工事を行うことができるため、安全確実に作業を行うことができるとして非常に便利なものとなっています。

水道利用する側も工事のために断水をすることがなくいつでも水道利用することができるためサービス性も向上するとあって広く用いられていますが、この不断水工事を行う際には工事を行う側も水道利用する側も充分に注意をしないと思わぬ危険にさらされてしまうことになるのです。その危険とは水質の汚染です。不断水工事は一般的に専用の工具を用いて水道の流れを迂回させて工事を行うことになりますが、この迂回させるための工具が汚染しているとその汚れが水道の中に購入し水質を悪化させてしまうことになるのです。

そのため工事を行う前に作業者は工具の点検を入念に行い、汚れ等が付着していないことを確認してから行うことが必要となります。不断水工事を行う際には利用者に水道の供給に関する影響与えないため特に工事の内容を通知しないことも少なくありません。しかし万が一工具の汚れ等により水質の汚染が発生した場合にはこの変化に気づくことなく水道利用し続けてしまう危険性があるのです。

断水を伴う場合には断水が解除され水道を使い始める際にほとんどの人がスイスの点検を行うものですが、連続的に使用している場合にはこの点に注意する人が少なく、トラブルが発生してしまうことも非常に多いんです。最近では水道工事を不断水工事で行うケースが非常に増えていますが、事前に工事の予定をできるだけ把握し、水質を確認してから使用するようにすることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *