「不断水工事」とは水道管を断水することなく施工できる断水工事のこと。

通水状態のままで施工できるため近年よく採用されています。「不断水工事」は枝管の取出しを行う「分岐工法」や本管の切断部にストレーナーなどを挿入する「インサーテイング工法」、液体窒素などの低温媒体で凍結させて栓とする「凍結工法」等があります。「凍結工法」はバルブがない場所でも作業が出来るため営業中の商業施設などで特に利用されています。「不断水工事」はまず既設圧送管の分岐取付部分の掘削を行い、本管に既設管に設置可能な分割型のT字管を取付け固定し、仕切弁と不断水穿孔機と呼ばれる特殊なコアカッター状の穿孔機を取り付けます。

仕切弁を開けてカッターを前進させ、本管を穿孔し貫通したら穿孔機のドリルを元に戻し仕切弁を閉じます。閉じた後は穿孔機を撤去して分岐側の配管を接続し、弁を開いて通水させれば完了です。上水道の給水分岐時に断水を行わずに施工するために開発されたものですが、下水圧送管やバルブの追加設置工事などにも採用されている工事となっています。

以前は水道管路から分岐管を取り出すために断水して工事を行っていましたが、この方法があみ出されたことで断水をせずに済むため周辺への影響がすくなくてすむというメリットがあります。T字管を挿入し接合する手間や断水通知や完工後の洗浄排水等も必要がないため工事に伴う弊害が減るばかりか、工事や工期の節減や短縮、人件費などのコスト削減につなげることも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *