不断水工事とは、水道管工事の際に断水せずに既設管の分岐工事を行う工法です。

断水をしないので市民に不自由な生活を強いらない他、断水に伴う告知や給水車の手配、水道管工事完了後に行う管内清掃の必要ありません。断水後に茶色の水が出ることで来るクレームも無く、様々な手間を省けるためコストパフォーマンスの良い工事方法です。不断水工事の方法は、まず既設の水道管に割T字管と仕切弁を取付け、水圧試験を行って仕切弁が開いていることを確認してから、穿孔機を取付けて作業弁を開きます。

穴を開けたあとも水が漏れないようにするための作業弁ですので、弁の取り扱いには注意が必要です。次に穿孔機のカッターを前進させて、穿孔機で水道管に穴を開けます。この穴を開ける時に従来の不断水工事では円形の刃物を使用していたため、丸い限定的な形でしか管を穿孔できませんでしたが、近年はドリルのような外観のエンドミル切削工具を点で動かして直交する方向に穴を開けるため、自由な形と大きさでの穴を水道管に開けることが可能になりました。

穴を開けたら、穿孔機のカッターを元に戻し仕切弁を閉じます。穿孔機を取外し、分岐側の配管が完了した後、仕切り弁を開けて通水した時に漏水が無く、挿入機と作業弁を取外したら、不断水工事完了です。通水したまま不断水バルブやプラグを設置するので、工期も短縮できます。工事関係者にとっても市民にとっても、不断水工事はメリットの多い工法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *