新興住宅地などで次々と住宅が建つ中、課題になるのが水道管の設置です。

本管から各家庭に水を供給するわけですが、新たに家が建つたびに給水を止めて本管からの分岐工事をしていたのでは、既にそこで生活している人たちにとっては不便この上ないことになります。そうした問題を解決し生活を守るのが、不断水工法です。不断水工法の特長を簡単に言えば、本管に分岐の穴を開ける際に分岐側に仕切り弁を使うことで給水を止めずに済むようにしたことです。

分岐工事をする際、まず本管に割T字管を取り付け固定します。この割T字管から新築住宅に伸びる管に仕切り弁と穿孔機を取り付けます。その上で仕切り弁を開けて穿孔機のカッターを前進させ、本管に穴を開けます。この段階では穿孔機が穴をふさぐ役目をしているので、本管の水の供給に影響はありません。そして穿孔機のカッターを元に戻すと同時に仕切り弁を閉じます。仕切り弁のところまでは水は入り込みますが、本管は通常通りの状態のままです。

仕切り弁によって水が止まっている状態で穿孔機を外して分岐側の配管を接続、ここで仕切り弁を開きます。これによって、新築の住宅に通水され、蛇口を開けば水が出る状態になります。この間、本管の通水は止まらず、他の家庭の生活も通常通りに営まれます。これが不断水工法です。穴を開ける際に出る切片や切りくずは、本管側の圧力が強いため途中に取り付けられたドレーンで外部に排出され、水を汚すことはありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *