不断水工法は様々な場所における配管工事を効率的に行うための技術です。

大きく分けて分岐工法と凍結工法の2種類が存在します。分岐工法はもともと上水道における配管工事のための技術として開発されましたが、現在では下水道の工事にも採用されています。凍結工法は液体窒素を使用して作業箇所の両端を凍結させます。バルブがない場所でもスムーズに作業を行えるというメリットがあります。凍結工法は営業中のデパートなどでフロアごとに配管工事を行いたい場合などに最適です。

一般住宅における配管工事にも適用することができます。不断水工法を採用すると広範囲に断水が生じないため、一般住宅における普段の生活に大きな影響を及ぼすことがありません。以前は広範囲に断水を生じさせる必要があり、周辺住民の住宅生活に大きな影響を及ぼしました。住宅生活への影響を最小限に抑えるには事前の告知や給水車の手配など付帯作業が必要になります。分岐工法は穿孔機のドリルを使用して機械的に配管に穴を開ける技術です。

完全な通水状態を維持したままバルブや分岐管を交換することができます。凍結工法では部分的な断水が生じますが、全体的には通水状態を維持することが可能です。いずれの方法を採用した場合も、周辺住民の住宅生活に大きな影響を及ぼさずに済むというメリットがあります。不断水工法は配管工事を効率的に行うことができるだけでなく、周辺住民に影響を及ぼさないため人気があります。以前の方法と比較して工事期間も短縮されるので、人件費などのコストも削減できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *