水道管の工事を行う際に、以前であればその周辺住宅の断水が当たり前となっていました。

そのため、工事を行う業者は事前に周辺住宅へ断水の告知を行い、断水の規模によっては給水車の手配も行わなければいけませんでした。今の時代は、断水をしないで水道管工事が行える不断水工法が一般的となっており、私達の生活に大きな変化をもたらしたと言えるでしょう。断水しないので、工事前に浴槽やバケツに水を溜める必要がありません。工事中でも住宅で普段の生活が送れます。不断水工法が開発される前は、工事後に蛇口をひねると赤水が出るという事がありました。

これは、断水させるため水道管のバルブを閉めた際にそこに付着している赤錆が流れたものです。生活を送る上で衛生的に考えてみて、良くないと言えます。不断水工法であれば、赤水が出る心配もありません。また、工事業者にとっても工事後の水道管清掃を行う必要がなくなったため、工事期間の短縮とコスト削減に繋がっています。不断水工法の作業工程は、本管の分岐する箇所に割T字管という専用器具を取り付けます。

そして締め付けバルブを付け穿孔機をセットし、準備が完了です。次に穿孔ドリルを使い本管に孔をあけ、穿孔機を取り外します。孔をあけた本管からの水漏れは締め付けバルブによって止水し、後方の配管作業を普通に進めていくというのが一連の流れです。水道管の定期メンテナンスや部材の交換をスムーズに行う上で、不断水工法はますます欠かせないものとなっていく事でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *