不断水工法は水の流れを止めることなく水道管の交換、設備工事を進めることができる画期的な工法の総称です。

水の流れを止めてしまうことを断水と呼びます。断水は蛇口を捻っても水が流れて来ませんので住宅に住む人々の生活は一時的ではありますが、不便なものになります。特に、トイレは断水状態になると使えなくなるので、生活に支障をきたさないためにバケツに水を汲んでおくなどの準備も必要です。不断水工法は生活の変化が起こらない工法と言っても良いのではないでしょうか。

トイレを使い終えた後、タンクレバーを回して水を流す、断水状態ではタンク内に水が残っていれば流すことはできますが、その後に行われる給水はありません。不断水工法の場合は通常通りの水の流れがあるわけですから、タンクレバーを回すと同時に、給水を始めることができます。さらに、断水工事は完了した後に赤水と呼ぶ錆などが混ざった水が流れて来るのでしばらくの間は蛇口を開けたままにしておく必要があります。

夏時期など水が不足している季節などは水を無駄に使ってしまうことになるので飲めない水でもバケツにためて庭の植物の水に利用した経験をされた人も多いのではないでしょうか。また、住宅に対しての告知も行う必要がないのも不断水工法の特徴です。勿論、近隣エリアで水道工事を実施する際には周辺住宅への案内は必要になりますが、回覧板などを使って告知をしておけば良いなどのメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *