不断水工法と呼ばれている水道工事のやり方があるのをご存知でしょうか。

断水が必要な水道工事は周辺の住宅に対して事前に案内が必要です。もし、住宅への案内をせずに水道工事を始めてしまうと、生活をしている人々は水が突然使えなくなってしまったため、何が原因であるのか疑問に感じます。大半の人は水道会社に連絡をして理由を問うことになるかと思われますが、住宅が密集しているようなエリアなどでは問い合わせの電話が殺到してしまう可能性もゼロではないわけです。

断水工事を行う際には前もって周辺住宅への案内を済ませておく必要がありますが、チラシなどを制作するとなるとコストも多く掛かります。その点、不断水工法はこうしたコストを削減できるメリットもある工事手法です。さらに不断水工法は工事中も普通に水を使えるので生活への影響がない、特別な変化を感じることなく水を使えるメリットも持ちます。水道工事が終わった後でも蛇口を捻って水を流すなどが要りませんので生活費も変化がないわけです。

ちなみに、水道管を交換すると色水や赤水などと呼ばれている不純物が含まれる水が流れて来るので、断水工事後は数分間キッチンの蛇口を開けたままにしておく必要があります。不断水工法は特殊な工事手法で、工事が終わった後でも不純物が含まれるような水が流れて来ないと言われているのです。蛇口を開けて他のことに集中してしまうと、開けていることを忘れてしまうなどがないのも不断水工法の魅力ではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *