皆さまは不断水という言葉をご存知ですか。

ご存知の方でも言葉の意味をきちんと説明できる方は少ないのではないでしょうか。不断水というのは簡単にいうと、水道の流れを止めることなく行われる水道工事のことです。メリットもあれば、デメリットもありますので紹介していきます。ひと昔前であれば、断水のお知らせという張り紙を見かけることがある方もいらっしゃいましたが、最近ではほぼ見かけることがなくなりました。

昔は断水工事が行われた場合、広範囲で水道が使えなくなる事態になることが普通でした。現代の水道管は50年ぐらい前に作られたものがほとんどですので、安全な水を提供するための工事をする機会が増えてしまっているのが現状です。そのため、毎回不断水工事をしてしまうと水道が使えず不便に感じてしまう人が増えてしまうために最近では不断水工事が主流となりました。計画的に効率よく安全な水を配水するための重要な手段であると言えます。ただし、デメリットもあります。

工事中であっても水が供給され続けているため、配管工事中に異物が混入してしまい重大な事故につながってしまう危険性もあるのです。非常に注意を払わないといけない工事といえますね。熟練者の方が、十分点検された器具を使うことが大切となる工事です。まとめとして、不断水工事は日常生活や企業活動等を守るための非常に重要なものです。その分、細心の注意を払わないとあらゆる影響度が非常に大きいという側面もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *