皆さんは断水を経験したことがあるでしょうか。

最近では夏の渇水はあまり聞きませんが、昔はありました。それに大地震や豪雨で水道管が破壊されると発生する場合もあります。それ以外だと水道工事の際に断水になったりもします。管の付け替えともなると水を止めざるを得ないので断水になることは仕方のないことではあります。ですが、水道工事で断水することなく工事を完了することも出来るのです。それは不断水工事というものです。不断水工事という言葉を聞いたことないという人は多いと思いますし、不断水とはなんぞやという人も居られるのではないでしょうか。

不断水とは、断水をしないという意味です。読み方はそのまま「ふだんすい」となります。どういった工事になるかというと、例えば、すでに住宅などへ水を供給している水道管があったとします。近くで新しい宅地が開発されるとそこには水道が必要です。ですので、既存の水道管から分岐をして供給しなければなりません。その際、何の対策も施さずに既存の水道管に穴を開けると大変なことになるのは皆さんご存知だと思います。

下手すると破裂して水を止めて交換ということにもなりかねません。そこで、既存の水道管に専用の器具を取り付けます。それは水が漏れないような構造になっています。そして器具の内部で水道管に穴を開けるのです。水が漏れませんから安全に穴を開けられます。穴をあけた時の切りくずなどは水圧で器具内に入るので、水道管は綺麗なままです。そして宅地の工事が終われば器具に管を繋ぎ、器具に付いているバルブを開き通水します。このようにして不断水工事は行われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *