水道管を増設する場合やバルブの交換作業などには現在の水道管をいったん停止し、水の流れを止めないと工事ができません。

しかし、水道を止めるということは、現代社会において生活に大きな支障をきたすことになります。各家庭においてもそうですし、工場や飲食店・ホテルや商業施設・医療機関等々、考えるとその影響の大きさは容易に想像できるでしょう。そこで開発されたのが不断水工法という方法です。

近年非常に注目を集めている工法であり、現在ではほとんどがこの方法で水道工事が行われていると言っても過言ではないでしょう。これは水の流れを止めないで配管工事を行うための技術です。主に使用されている不断水工事には分岐工法と凍結工法があります。分岐工法とは割T字管と仕切弁、穿孔機を使用して機械的に既設管に穴を開け作業をする工法です。また凍結工法とは液体窒素で作業箇所の両端を凍結させる方法で、凍結部分がバルブの役割を果たします。

不断水工法が普及するまでは、古いバルブを閉めて水の流れを止め作業を行っていました。古いバルブは赤錆が付着しており、バルブを動かすことで赤錆がはがれ水が赤く濁っていました。工事後の配管内の清掃も必要となり、大変な手間がかかっていました。不断水工法のメリットは、必要な部分のみの断水で工事が可能であり、工事の影響を及ぼす個所を最低限にとどめることが可能であること、工事期間の短縮やコスト削減が可能であるということでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *