不断水工法は一般の人ではあまり知る人はいないと思いますが、生活や企業活動に大変重要な工事です。

上下水道は安定した機能を維持するためや、新しく接続する必要性が生じるなど常に工事が必要です。家の近所が工事の対象になって水が一時的に止まるとしたら、ものすごく生活が不便になります。大規模な断水が生じてしまうと、周辺住民に告知をしたり給水車の手配が必要になります。住民も一時的に不便を強いられますし、行政も余計な出費や時間のロスが出るのが問題です。しかし不断水工法なら水の流れを止めないで工事が出来るのでデメリットが少なくなります。

工事の方法には分岐工法と凍結方法があり、どちらの工法で行っても工事期間を短縮出来てトータルのコストを下げる事が出来ます。バルブを閉めて行う必要があった以前のやり方だと、赤錆が発生するので管の中を清掃する必要がありました。不断水工法なら古いバルブの開閉や移設を行わないので、清掃は不要になります。バルブが無くて水を止める事が出来ない場所も液体窒素で凍結させる事でバルブの代わりになります。この工法が素晴らしいのは企業の活動を止めなくていい点です。

工場で水が使えなければ生産力は著しく落ちてしまい、商業施設で水が使えなければ休みにしなければいけなくなります。デパートのようにフロアーが多い場合でも各階ごとに行えるので便利です。このように近隣の生活を不便にしなくていい工事が不断水工法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *