不断水状態で配管工事を行う技術が最初に登場したのは1959年のことです。

まず初めに分岐工法と呼ばれる穿孔機のドリルで既設管に穴を開ける技術が開発されました。分岐工法は既設管に割T字管と仕切弁、穿孔機を取り付けて作業を行ないます。仕切弁を全開にして穿孔機のドリルで既設管に穴を開けます。次に仕切弁を全閉にした状態で穿孔機のみを取り外し、新しいバルブや分岐管を設置して再び仕切弁を開きます。分岐工法では新しいバルブなどを設置した後も割T字管と仕切弁が既設管に装着されたままとなります。この技術を採用すると完全な通水状態で作業ができます。

既設管に穴を開ける際に発生した金属片は水圧で外に押し出されて穿孔機内に取り込まれるので、配管内に残ることはありません。分岐工法は当初、上水道における配管工事のために開発されましたが現在では下水道の工事でも採用されています。凍結工法は液体窒素を使って作業部分の両端を凍らせバルブの代わりとして利用する技術です。ごく狭い範囲で断水が生じますが、全体的には不断水のままです。

作業範囲が非常に狭いので水抜きや水張りを簡単に行うことができます。壊れたバルブの交換を行う場合にも最適な技術です。凍結部分がバルブの代わりとしての機能を果たすため、任意の場所で自由に配管工事ができます。従来の方法では赤錆が付着した古いバルブを開閉する必要がありました。そのため赤錆が剥離して水が濁り、最後に配管内の清掃を行わなければなりません。不断水により配管工事を行う場合は古いバルブを動かす必要がないので、水が濁る心配もなく効率的に作業ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *