工事を発注する際の責任者として水道管の取扱は極めて重要であり、幾重も検討を重ねて施工を適切に行うことが求められます。

水道管は公共インフラの中でも重要度がとりわけ高く、供給がストップした場合の影響はかなり大きなものとなることは容易に想像がつくことでしょう。水道管の工事を行う場合には一時的な断水を生じさせるという方法がかつては主流であったものの、常に供給が途絶えないことを前提として設計されている現代的な商業施設や一般家庭も増えてきていますので、既に断水を伴う工事は困難となっています。そこで取り入れられることの多いのが不断水工法です。

水道水の供給を止めることなく工事を推進していくことのできる方法で、圧力のかけられている水道管に別の水路を設置して工事箇所をバイパスさせる分岐工法や、止水栓のかわりに一部分を凍結させて物理的に一部分のみの水流を止める凍結工法などがよく知られています。不断水工事の費用は施工業者や採用している工法によって上下幅が大きくなります。また施工箇所の状況によっても違いがありますので、事前の見積もりを丁寧に行うことが欠かせません。

適した工法は現場で判断することとなりますので、できれば複数の業者からの見積もりを依頼するということをお勧めします。詳細な不断水工事の推進方法や、総費用にかかる状況などを比較検討することで、納得のいく工事を実施することに繋がります。各業者の施工情報を集約するためには専門のウェブサイトを活用することがおすすめです。是非一度情報サイトにアクセスしてみてはいかがですか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *