かつて上水道の配管工事を行う際には水の流れを止める必要がありました。

現在では不断水工法が開発され、水の流れを止めることなく工事を行うことができます。また不断水工法は上水道の配管工事を行うために開発された技術ですが、現在では下水道の配管に加えて圧送ポンプを使用した配管の工事にも使用されています。不断水工法を使用して配管工事を行う主な目的は分岐管やバルブの設置です。水の流れを止めることなく行う配管工事の方法には、機械的に配管に穴を開けて行うものと配管を部分的に凍結させて切断して行うものがあります。

前者は割T字管と仕切弁、穿孔機を配管に取り付け機械的に穴を開けます。穿孔によって発生する本管の切屑は水の圧力によって外に押し出されるため、配管内が汚れることはありません。機械的に穴を開ける方法を採用した場合には、工事完了後の配管内の清掃も不要です。工事部分を凍結させて配管を切断する方法では、液体窒素を使用して凍結させた部分をバルブの一時的な代用品として活用します。

古いバルブを開閉すると赤錆が剥離し赤水が発生することがありますが、この方法ではバルブの開閉が不要なため赤水も発生しません。工事を行う部分のみ断水し、その他の部分は通水状態で作業を行うことができます。いずれの方法を採用した場合でも通水状態で作業が可能なため、工事期間を大幅に短縮可能です。不断水工法を活用すれば、商業施設など年中無休の施設でも営業をしながら配管工事を行うことが可能です。また工事期間を短縮できるだけでなく、コストの削減にもつながります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *