デパートやスーパーマーケットなど年中無休の商業施設では、配管工事のために休業することが困難です。

そのような場合に水の流れを止めることなく工事を行うことが可能な不断水工法は重要な役割を果たします。従来行われてきた配管工事では水の流れを止める必要がありました。そのため工事現場周辺では断水が生じ、給水車の手配や事前の告知が求められます。また工事期間も長く費用も必要とされました。不断水工法を採用することで、工事期間を大幅に短くできるだけでなくコストを削減することができます。

また水を止めることがないため、周辺住民への告知や給水車の手配なども不要です。これまで配管工事に伴った多くの手間を省くことが可能となります。不断水工法には割T字管と穿孔機を使用して機械的に行う方法と、必要な部分だけを液体窒素で凍結させて行う方法があります。いずれの場合にも短い時間と安いコストで行うことができるという特徴が存在します。配管工事を不断水工法により行う目的は、主に新たな分岐管やバルブの設置などです。

本来は上水道の配管工事を行うために開発された技術ですが、現在では下水道の工事にも使用されています。機械的に行う方法では既設管に割T字管と仕切弁、穿孔機を取り付けて穴を開けます。その後分岐管など取り付け通水します。部分的に凍結させる方法では凍結部分をバルブの代わりとして利用し、配管を切断して工事を行います。バルブの開閉は不要で赤水の発生もありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *