不断水工法とは、水道工事の方法の一つです。

水道管を通水した状態のままで、既設の本管から分岐管を接続する工法のことです。メリットとしては、工事の影響がある対象となる区域に断水の告知をする必要がなく、給水車の手配も不要で、工事期間も短く、工事のあと管内を正装する必要もないので、工事費削減につながるということもあります。また、工事の対象となる区域についても、断水に備えて水の汲み置きをしたり、通水後に赤水が発生しないなどの利点があげられます。

不断水工法には、本管から枝管の取り出しを行う分岐工法と、本管の切断部に仕切弁やプラグなどを挿入するインサーティング工法があります。水を止める方法も、バルブなどを使って機械的に止水する方法と、液体窒素などを使って凍結させて栓にする方法があり、後者は凍結工法と呼ばれています。凍結工法は、口径の小さな給水管の補修や消火栓の取り換えなど、短時間で限定的に水を止める際に使われています。

不断水工法の主な施工の手順としては、まず、既設の本管に割T字管、および仕切弁を取り付け、穿孔機のドリルを使って既設本管に孔をあけます。孔があいたら、穿孔機のドリルを元に戻して、仕切弁を閉じます。穿孔機を取り外して、分岐管の配管をします。完了したら仕切弁を開けて水を通します。現在では、都心部の水道管工事は、ほぼ断水の心配をすることがなく、普段通りの生活をすることができるようになっていることを考えると、不断水工法がとても重要な技術であると言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *