これまで水道管を工事するには、一時的に断水を行い、排水などを行ってから工事をしていましたが、断水時間が長いと水道が使えない事やエアコンもストップして非常に困ります。

消防が使う消火栓の工事でも周囲の家庭の水道が止まりますから、非常に不便です。何とか通水しながら工事が出来ないものかと考案されたのが、不断水工法と呼ばれるものです。この不断水工法の基本的なシステムは、水道の分岐時に本管を断水せずに施工出来るよう開発されたものです。すでに設置されている水道管にバルブと仕切弁を接合取付けし、仕切弁を開けた状態で穿孔機も付けます。

穿孔機のカッターを前進させて既設水道管に穴を開け、その後カッターを元の位置に戻し、手前の仕切弁を閉じてからカッターを外します(ほとんど水漏れはありません)。後は、分岐側の配管工事が完了して仕切り弁を開けると、既設水道管と繋がりますから通水出来るようになります、文章で書くと簡単に思えますが。不断水工法にはいくつも種類がありますが、断水せず水漏れもほとんど起こさず、時間も短縮して出来るので、自治体や企業以外の一般家庭でも行われるようになりました。

工事をしていることに気が付かないほどで、水道管の分岐工事には最適だと言えます。公共のインフラである水道管は生活に欠かせない重要なものですから、不断水工法で断水が少なくなるのは朗報です。一般人には意外に知られていない事ですが、画期的な工法の開発と言って良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *