日常生活に欠かすことのできないインフラとして真っ先に挙げられるのが水道管です。

常に清潔な水道水を使用できるのは、日本国内ほぼすべての地域において上水道が普及しているからにほかなりません。また下水道の普及率も平成の30年間の間に飛躍的に増えており、上下水道ともに完備されている地域がほとんどとなっています。

不断水工事は、工事によって水道が使用できなくなる状況を回避することを目的とした工法で、断水が発生しないことを前提として構築されている現在の住宅や施設などが密集している地域での工事を可能とします。一昔前であれば、事前に工事日時を告知して「断水が発生する」ということを周知することを行っていれば、工事周辺地域からの苦情などはありませんでした。

しかし時代が変わり、断水はありえないという状況に慣れている人も多く、水洗トイレや全自動洗濯機、給湯器の普及などにもともなって断水は避けなければいけないものに変わりつつあります。

そこで注目を集めているのが不断水工事です。工事部分の水道管を分岐させて水の流れをストップさせない流水路を確保するバイパスを設置する方法や、水道管の交換箇所にごく近い範囲を凍結させて一時的に水の流れを遮断する方法など、不断水工事を実施している工事業者によってさまざまな工法が開発されています。

コストも低く抑えられ、工期も短くて済むというメリットもあります。施工場所の広さや水道管の太さ、上水道か下水道かによっても適している工法が異なりますので、詳細に関しては不断水工事を実施している業者の情報をしっかりとチェックすると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *