水道管を初めとするインフラは、我々の生活に欠かせないものです。

インフラを所定の目的のために維持するには、敷設後の管理が欠かせません。つくっただけのインフラは老朽化により劣化します。ものが劣化するのは宿命的なので、避けることができません。性能を維持するには、不断の維持管理が欠かせません。全国で張り巡らされている水道管には古いものも存在します。古い水道管は交換が必要となり、その場合は断水を伴わない工事が求められます。不断水工事は時代の要請となっています。

需要の増大と共に、水道管の分岐工事も増えています。その場合も断水を伴わない工事が求められます。水道管の分岐工事においては、断水を伴うものと伴わないものがあります。断水を伴わないものを不断水工事と呼び、業者がその技術を競っています。不断水工事に求められるのは、確実性と安全性です。

卓上の検討においては問題が無い場合でも、現場において問題が発生する場合もあります。不断水工事の施工においては、実績を伴う確実性が求められます。さらに、既設配管の種類にも対応し、水質の安全性を確保する必要があります。既設配管には鋼管や鋳鉄管の他、塩ビ管などの種類があります。

その中には老朽化したものもあり、分岐工事には細心の注意が必要です。工事で求められる信頼性は一朝一夕にできるものではありません。長い間の安全性に関する実績が信頼性を担保します。不断の安全性に関する努力こそが、信頼を高めてくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *