不断水工事とは断水をせずに、つまり水道管を止めることなく本管から分岐管をつなげる工事のことです。

断水をしなくてもよいので、事前に告知をしたり給水管の用意をする必要がないことや、断水による悪影響を及ぼすことがなく、また工事後の管内の掃除も不要です。さらに工事時間や工事費を大幅にカットできるというメリットがあります。不断水工事はまず既設の本管に割T字管と仕切弁を取り付け、穿孔機のドリルで本管に穴をあけます。

次にドリルを引き戻して仕切弁をしっかりと閉め、ドリルを外し、仕切弁を開けて通水検査をし上手くできていれば不断水工事の完了です。この工法は上水道の圧送管路において供水の開始後に通水状態のまま分岐やバルブを設置するために開発されたものですが、下水管でも空気弁を追加したりバイパス管路のための分岐やバルブ設置のために用いられています。

不断水工事には凍結工法という方法もあり、施行部分の周辺で止水したい部分に凍結容器を取り付けその中に液体窒素を注いでその部分の水を凍結させるという方法です。

この工法でも必要最低限の断水で済むことや、赤水の発生を抑制できること、水抜きや水張りの時間を短縮でき、壊れたバルブ交換やバルブがなくても止水できるのでバブル本体の交換にも用いることができるなどのメリットがあります。これらのように断水をしない、または最小限にできる不断水工事は公共施設やデパート、向上、上下水道などでも多く利用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *