不断水工事は水道工事を行う際に断水をせずに工事を行うことができる非常に便利な方法ですが、しっかりとその注意点を理解した上で確実に行わないと思われるトラブルを招いてしまう恐れがあります。

一見非常に便利な方法と考えられるものですがその注意点を十分に理解して作業を行う必要があるのです。不断水工事の基本的な原理は専用の工具を用いて水の流れを迂回させ作業を行う場所に水が流れないようにして工事を進めるものであり、水道の供給を止めることがないことからじっくりと余裕を持って工事を行うことができるメリットがある反面、その作業の順番を誤ると水漏れが発生したり、水道を破損してしまう危険性があります。

さらに使用する工具についても事前にしっかりと点検を行い、作業中のトラブルが発生しないように努めることが大切です。その中でも特に不断水工事において発生しやすいトラブルとして、水質の汚染があります。

その原因の多くは工具の事前点検を怠り、工具が汚染された状態で水道を迂回させてしまうために工具の汚れが水道内に流出してしまうものです。水道の利用者は断水が発生しないことから通常通り清潔に保たれた水が供給されると考えているため水質の汚染に気がつかず思わぬトラブルを招いてしまうことが少なくありません。

特に大きな健康被害を招く危険性もあるため十分に注意することが大切です。不断水工事は非常に簡単に思われがちな工事ですが、一つ一つの工程をしっかりと行いトラブルを未然に防ぐ高い意識を持つことが必要となる重要な工事でもあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *