不断水工事でできることにはいろいろあります。

ちょっと考えると、断水なしに水道工事を行うなど、極めて限られた範囲のことしかできないように思うかもしれませんが、全くそんなことはありません。ただし、不断水工事とは言っても、全く断水なしに水を流したまま行う工事ばかりを指すわけではありませんので、この点は誤解のないようにする必要があります。

具体的には、工事をしたい部分の通水を一時的にストップして行う工事があります。通水を一時的にストップすること即ち断水なのではないかと突っ込みを入れたくなるところですが、一般的な方法で行うよりも断水の範囲が狭くて済むような場合は、本来なら断水が起こっても仕方のないところこの方法を採用することにより断水の影響が及ぶことを避けられるという意味で不断水工事と呼ぶこともあります。

この方法まで含めると、非常に広範囲の水道工事が行えるに違いないというのは想像できるでしょう。ちなみに、一般的な方法で行うとはつまりは手近なところにあるバルブを閉めて行う工事のことです。

この方法では、バルブが遠い位置にしかない場合、断水の影響が大きくなってしまうことは避けられません。ですが、バルブが適当な位置になくてもうまい方法により水を止めることで水道工事を行う方法があります。

ちょっとびっくりするかもしれませんが、管内の水を冷やして凍らせることによりバルブの代わりとして水を止めるために使うことで工事を行う方法があるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *