既設の水道管に対して不断水工事で新たにバルブを設置することなど、何か手品でもなければ不可能のように思えることでしょう。

確かに、現に水が流れていて水圧もかかっている水道管があったとして、その途中に新規にバルブを設けるなど到底不可能のように見えます。しかし技術は発達していて、このような不断水工事も決して不可能なものではなくなっているのが現実です。

この不断水工事を行うためには、とにかく何らかの方法で水圧に対処する手順を編み出す必要があります。でなければ水道管の途中にバルブを設置することなど確かに不可能です。ですが、水圧に対処することさえできれば別に非現実的な話ではないと気づくはずです。

そこでまず、バルブを設置したい箇所の外側に覆いを取り付けるところから作業はスタートします。この覆いにより水圧に耐えられるようにするわけです。そして、その覆いの作業孔から特殊な器具を挿入し、やおら目的の部位の水道管を切断してしまいます。

切断すると水が溢れるわけですが、それは覆いの内部までに留まり、外側にまで溢れることはありません。続いて器具を抜き取りつつ、途中にある弁を閉じます。これでだいたいの作業はイメージできるでしょう。

この後は切断するための器具の代わりに、バルブのついた水道管を挿入して切断部位に接続するわけです。もちろんしっかりとボルトやナットで接続する必要はありますが、こうすることで不断水工事によるバルブを設置することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *