断水を経験したことのある方なら容易に想像できることですが、家庭であれ他の施設であれ、工事に伴う断水には色々な不便が伴うものです。

ところが、工事中も水の流れを一瞬たりとも止めることのない仕方で行なう工事法があり、それが一般に不断水工事と呼ばれているものです。不断水工事には大きく分けて二つの種類があり、その一つが分岐工法と呼ばれるものです。これは割T字管と仕切弁、また穿孔機を使って配管に穴を開けるという方法です。配管に穴を開ける際に発生する切屑が水圧で押し出されて穿孔機内に取り込まれる仕組みになっています。

もう一つの凍結工法は、液体窒素によって工事部分の両端を凍結させるもので、バルブがないような場所であってもバルブの代わりとして利用できるため大変便利な工法となっています。こうした不断水工事の最大のメリットは、何と言っても断水が生じないということです。さらにそれに伴って様々な面倒な作業が必要ではなくなるというのも大きなメリットと言えます。

例えば、以前のように工事に伴って断水が生じる場合、前もって周辺住民に告知したり給水車を手配することが必要になったり、清掃の必要も生じます。また、分岐工法も凍結工法も、古くなったバルブを動かす必要がないため、赤錆の剥離が起きる心配もありません。周辺住民への断水対策が不用となり、清掃などの必要もないため、工事に要する期間をぐっと短縮できるというメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *