工場の中にはモノ作りを行う中で大量の水道水を利用するケースもあります。

しかも、24時間稼働の工場などの場合は、水道が断水してしまうと生産をストップさせなければならなくなるケースも出て来ます。安全に利用するためには定期的な点検やメンテナンスが欠かせませんが、点検やメンテナンスのために断水しているのでは生産にも悪い影響を与えてしまう事になります。さらに、水を一旦止めてしまうと生産を順調に行えるようになるまで時間を要する場合には断水は大きな弊害として生じる事になるわけです。

水を常に供給しなければならない工場にとって断水は大きな問題にも繋がるわけですが、不断水工事なら断水せずに工場を稼働し続ける事が出来るメリットもあります。工場設備の中には水道管の分岐バルブや仕切弁などが利用してあります。これらの設備を交換する、修理する時などは高い水圧の水道を停止させなければ交換や修理が出来ません。

しかし、不断水工事の場合には水の流れをそのままの状態にして設備の交換や水道管修理などを対応出来るようになります。また、不断水工事は断水を行う工事と比較した場合、工事コストが安くなると言われています。自社工場の設備メンテナンスや修理を行う時などの費用は工場側が負担を行うなどからも、工事コストが安くなる不断水工事は魅力的な手法とも言えましょう。通水状態のままで工事が出来るなどからも一般的な水道工事などでも活用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *