不断水工事とは、水道管を止めずに行う工事のことです。

不断水工事の最大のメリットは、工事中も近隣の住民の方は水道を自由に使用できることにあります。断水をすると工事完了後も水道水が濁ってしまいますが、不断水工事だと工事終了後に水が濁ることはありません。また、給水車の手配などの余計な手間や出費が不要になるため、工事会社にとっても依頼者にとってもメリットが非常に大きいです。不断水工事を行う際の工法は不断水工法と呼ばれており、不断水工法には不断水分岐工法や不断水特殊分岐工法、ホットタップ工法などがあります。

最も一般的な工法は不断水分岐工法であり、配管を分岐させて水道を迂回させます。不断水分岐工法は断水をせずに工事ができるだけでなく、工事完了後に配管内を清掃することも不要です。工事費を大幅にカットすることができ、工期の短縮にもつながります。不断水工法で工事をするには高度な技術力が要求され、熟練の職人の手作業で工事が行われます。

工事に失敗すると断水につながるため、職人は細心の注意を払って作業を行い絶対に水を止めないように心がけています。工法の内容は年々進化を遂げており、時代の最先端技術が応用されています。不断水工事は地震などの災害発生時に威力を発揮し、大地震が襲来した時でもライフライン復旧が大幅に早まります。東日本大震災の際にも不断水工法による工事が被災地で行われており、被災者の生活支援に大きく貢献しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *