従来水道管の交換などの工事を行う時には地域に住む人々に断水を行う旨の通知を行う必要がありました。

断水の時間帯は平日の午前中や午後などの時間帯が多く、食事の支度を行う時間帯などはなるべく避けるように工事が進められていました。しかし、工事の規模に応じて長時間になる事もあるなど生活に支障をきたすため、断水のお知らせがあるとバケツやヤカン、鍋類などに水を溜めておいて食事の支度をする時の水を確保していた人は多いと言えましょう。また、断水工事が完了すると蛇口を捻れば水が流れて来るようになりますが、最初は濁り水と呼ぶ不純物が混入した水が流れて来るため、暫く水を流し続けておいて、透明な水が出るまで待たなければなりません。

水道管を交換する時に異物が入り込んでしまうなどから水が汚れてしまうなどが断水工事の特徴だったわけです。不断水工事は断水せずに水道管を交換したり、設備の交換を行う方法です。水道管内部には高い水圧の水が浄水場から送られていますが、不断水工事であれば水道の元を止めて交換や修理などを行う必要がありません。

また、不断水工事の場合は濁り水などのリスクが少ないため、工事が完了した後に水道の蛇口を暫く開けておいて、水を流し続ける必要もありません。数分間の中で水を流し続けるとなれば、多くの水を無駄に流している事になるわけです。不断水工事は常に蛇口からきれいな水を給水出来る、水の無駄をなくす事が出来る工事と言えましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *