水の流れを止めることなく水道工事を行なうことができるという点で何かとメリットが多い不断水工事ですが、実際に工事を行なう際には十分の注意も必要とされています。

例えば、工事を行なっている間中も絶えず水が供給されているため、工事中に何らかの異物が混入しないよう十分に注意しなければなりません。仮に工事中に異物が混入してしまうとすれば、その異物が水道水の中に混じって大勢の人に供給されてしまうことになるからです。こうした事態を回避するために、不断水工事を行なう前には工具の点検に細心の注意を払う必要があります。

また、作業そのものに誤りが生じないよう、十分に熟練した作業員によって工事が行なわれるよう見届けなければなりません。さらに、水道は一般の家庭において使用されるのはもちろんのこと、様々な企業や施設などでも使用されているため、水質の安全性が保証される製品のみを使用するよう注意が払われる必要があります。

また、不断水工事においては断水を生じさせずに工事が行なえるという理由で、水道の利用者に何の通告もせずに工事に取り掛かってしまうことがあるかもしれません。当然利用者も工事に気づかず、通常通り水道の利用を続けることでしょう。それで、不断水工事を終了した時には、必ず十分な点検を行なうとともに、工事後の水質の変化や漏水の有無などを念入りにチェックすることによって、トラブルなどが一切生じないよう注意することが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *