不断水工事をする場合には、どこの業者を選ぶかによってその結果が大きく異なる可能性も考えられます。

そのため、身元のしっかりした業者を選び、適切な工事をしてもらうことが非常に重要になるでしょう。不断水工事の業者選びの一つは、顧客の要望をしっかりと聞いてくれるところがよいです。なぜ顧客の要望を聞いてくれるところがよいかといえば、顧客視点で工事を進めてくれる可能性が高く、結果的に要望通りの不断水工事になる可能性が高いからです。逆に、顧客の話しはあまり聞かず自分達の工事のアピールや料金の話しばかりをしているところは、基本的に契約をとることが第一の目的となっており、結果的には顧客の要望通りに仕事をしてくれない可能性があります。

そのため、工事の営業マンと話しをするときには、いったいどの程度顧客の話しを聞いてくれるかをよく観察しておくが大事です。顧客の話しが8割、業者の話しが2割ぐらいの割合で話しが進むと理想的と考えてよいです。見積もりをする場合には、どれぐらいの金額になるか気になるところですので、合計金額ばかりに意識を奪われてしまい本質を見失ってしまうことがあります。

確かに見積もりをする場面では、合計金額が重要ことは間違いありませんので、まずそこに目が行くのは仕方ありませんが、それ以上に重要になるのが詳細になります。見積もりには、どのような材料を使いどれぐらいの量が必要で、単価がいくらになっているかまでわかって初めて見積金額が出せるわけです。つまり、その点が明確になっていない業者は、適当に金額を設定している可能性があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *