工事によって長時間水道を断水させてしまうと、工事箇所の近隣家庭や商店、恒常などでは水道水が使用できなくなりますので、工事の期日のかなり前から広報の徹底をする必要性があります。

また工事にかかる時間によっては、数台から場合によっては10台以上もの給水車を手配しなければならないなど、きわめて多くの事前準備が必要であるため、実際問題として断水を伴う工事を実施することは難しいものとなります。また、断水による工事で水道が復旧した後でも、管内清掃が必要となり、完全に元の状態に戻すには多くの手間と不便が発生します。

そのような状況から水道を断水しないで修理や分岐などの水道工事を行う方法が選ばれる場合があります。この方法を不断水工事といいます。断水を発生させないために、周辺地域への工法も不要となりますので事前の準備段階にかかるコストの軽減に役立ちます。現在では日常生活の影響に考慮をする必要性が高まってきており、不断水工事を実施することが水道工事のスタンダードとなっています。

不断水工事には大きくわけると、特殊な機械的バルブを水道管に工夫して取り付けて止水する方法と、止水が必要な部分近くにある水道管内の水を凍結させ、閉めたバルブと同様の「栓」として利用する方法があります。いずれの方法も近隣地域の断水状況を防ぎながら工事ができますので、工事の規模や分岐箇所などの状況を判断して適切な工事方法を選択することが求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *