戦後の日本においては、全てを失った焼け野原の状態から人々が共に努力を重ねて勤勉に働くことで、劇的な経済成長を成し遂げてきました。

現代社会において日本は世界を牽引する先進国として発展し続けているのです。日本におけるライフラインの充実は世界の中でも高い評価を受けており、蛇口を捻れば衛生的な水がどこででも手に入る程の高度な環境を手に入れているのです。衛本管から衛生的な水が常に供給されている状況が当たり前になっている現代社会においては、断水をして工事を行う事は人簿との生活にさまざまな支障を起こす可能性が高くなっています。

不断水工事はこのような社会において、通水の状態のママで工事が行える非常に優れた後方であり、不断水工事でさまざまな工事を行う機会は増えているのです。不断水工事は水道管を断水せずに工事を行えるメリットがありますが、その方法としては本管から給排水のために枝管の取り出しを行う分岐工法と本管の切断部にプラグなどを挿入するインサーティング工法があります。

不断水工事を行う事のメリットとしては、工事期間に断水のを行う必要が無いために、人々の生活に支障を起こしません。また、断水して本管を切断したり、T字管を挿入し接合する手間も一切必要ありません。断水を行わないということは、近隣への断水通知や工事が終了した後の洗浄・排水などの断水工事に伴う手間暇も避けることができます。また、そのことは工事や工期の短縮に繋がり、経費の削減の効果も期待できるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *