水道管を新しく交換することを必要にしていて、一般的な住宅ではなく大型ビルやマンションなどの場合では、工事日数が大きく掛かってしまうことが一般的です。

フロアごとに工事を行っても、完全に交換をするには止水してしまうことも基本的なことです。水を使うことができない状態が長くなると、給水車などを手配することが必要になるというケースもあります。従来型の工事では当然ののように行われてきたものですが、現在では不断水工事という工法を用いることができます。

この工法についてはバルブを閉めてしまうと止水しますが、不断水工事であれば近くにバルブが無い状態であっても、自由な場所に水を逃がすことを可能にしています。結果として水の給水が止まってしまうことがなく、特定の場所の水道管をそのまま交換できる内容です。不断水工事を利用すると経費削減を行えます。

その都度止水してしまう場合では、工事期間が長くなりますが、この工法ではそのような不具合が無いものなので、工期を短くできます。大型ビルやマンションであれば、事前に工事日程を調整することが必要ですが、不断水工事ではいつでも都合の良い時間に工事を行えることになるので、あらゆる手間や使う時間を省くことが可能になります。

水道関連の専門会社の中には、この工法に精通している会社があるので、少しでも経費削減を希望したり、面倒な手間や作業を無くしたいという場合では、最も有効な工事方法として利用できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *