不断水とはあまり普段使われる言葉ではありませんが、その名の通り断水を行わないという事です。

断水を行わない工事を行うことが大切なのです。一般に水道管の本管には圧力をかけて管内を通水しています。従って流れていることが配管内を最も正常な状態になるようにしています。その本管から分岐して分岐管を作成するたびに配管内の水を停止して断水することは事実上できませんでした。

それを不断水で工事を実施することに意義があります。1950年代に分岐工事が増加したときに開発された画期的な手法になります。不断水は、水道を管理する行政にも大きな改革をもたらしました。

配管の関係で高低差をつけて水を流す場合には上流で水道を停止すると下流の何十万人の人々に工事内容を告知して水道を止めることになり膨大な作業を要しました。源氏では、水道を停止せずに工事ができますから告知は必要ありません。水道局の職員は、本来の保守業務に専念できるのです。

不断水工事には、分岐管を挿入する方法と配水管内を凍結させてバルブの役割を果たさせる工法があります。凍結工法は現在ではビルの内部の工事にも活用されています。水道を停止させないで工事ができることは技術的に応用が利きます。

開発国では水道事業は、頭を悩ましている難しい作業になります。配管工事では、水道に限らずガスの輸送などでも転用できる技術になります。流れを止めることなく配水管を分岐する技術を活用したいと考えている国は多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *